学生ローンは無理をしない範囲で利用する

カードローンなどを利用してお金を借り入れるためには、安定した職業を持っていることが条件となっています。しかし、アルバイトをしているくらいの収入しかない学生であっても、カードローンを利用したいと感じることがあります。最近では、学生向けのカードローンも登場しているので、情報を集めることが大切です。

学生ローンは、一般的なカードローンと比較すると、利用可能な上限金額の制限が厳しく定められていることが多いです。学生の場合は、正社員として働いている会社員などよりも収入が少ないため、借り入れる金額に気をつけていないと、返済するのが難しくなる危険が高いです。上限額が高めになっていたとしても、必要最低限の金額を借り入れるに留めることが望ましいです。

学生ローンの申し込みをする場合であっても、審査が行われるという点には注意が必要です。審査の結果次第では、借り入れることができないのです。審査を通過するためには、必要とされる書類を確実に用意しなければなりません。あらかじめ、金融機関の担当者に問い合わせをして、申し込みの手続きを進める前に書類を準備します。

申し込みの際は、アルバイト収入などの情報を提供することになりますが、書類に記入する内容に誤りがないかを確認する必要があります。虚偽の情報が入っていると、審査に通過できなくなります。

おまとめローンで借りたお金を別のことに使うとどうなる?

おまとめローンには、借り換えのみに特化したローンと一般的なカードローンを借り換えに利用するものとがあります。両者のあいだにある違いは、借りた資金を借り換え以外にも利用できるかできないかです。借り換えのみに特化したおまとめローンでは、借りたお金を借り入れの返済以外に使うことはできません。お金をいったん借りてしまえば何に使おうが貸した側は把握できないように思えますが、きちんと資金が返済に使われたかどうかをチェックする方法はあります。借り入れの状況は信用情報として記録されており、消費者金融はこの情報をいつでも調べることが可能なのです。融資を行ったのに返済が行われていないことは簡単に判明してしまうので、おまとめと称して別の用途に資金を流用することはできなくなっています。

では、万が一おまとめローンで借りたお金を別のことに使ってしまったらどうなるのでしょうか。お金を貸した消費者金融はまず、借りた人に返済がまだ行われていないのではやく返済をするように連絡を入れます。それでもさらに返済が行われなかったり、連絡がまるでつかなかったりすると契約違反を理由に契約を解除、全額の一括返済を求められるようになります。契約が強制解除されたことは信用情報にも残り、ローンや割賦販売などのサービスも利用できなくなりますので、くれぐれも資金の流用などはしないようにしましょう。

>>おまとめローンに関する情報サイト

消費者金融は信頼あるアコムで!

世の中には様々な消費者金融がありますが、中でもアコムは魅力ある消費者金融と言えます。

まず一つめはアコムのホームページにある3秒診断や返済シュミレーションなどの使いやすさとサービスに関する情報の多さに魅力があると言えます。まず3秒診断などは自分の収入や現在借りているお金などの情報を入れるだけで参考情報を提供してくれますし、オンラインでそのまま融資の審査を受けることも可能という使いやすさがあります。二つ目は無人契約機の多さと言えます。無人契約機の場合は土日祝日でも利用することができますし、人と顔を合わせることがないのでお金を借りていることが分かりませんし、返済にはコンビニのATMを利用して振り込むことも可能なのです。

また、アコムの魅力はやはり何と言っても初回利用の人に限定した30日間の金利ゼロ円ではないでしょうか?少しでも金利がかからない方が借りる側としても魅力のあるサービスだと思います。その他にもアコムは三菱UFJフィナンシャルグループのもと業務を行っているので安心して利用できる消費者金融でもありますし、CMに有名女優である永作博美さんを登用して楽しめるCMを制作するなどイメージ的にも良いと言えるでしょう。

このようにお金が必要になった時には魅力あるアコムのサービスを試されてみてはいかがでしょうか?

キャッシング業者を比較してみる

少額の現金を借りるキャッシングは選ぶ業者によって金利や返済方法、設定される限度額などが大きく変化します。つまりあなたのライフスタイルや返済計画に応じて選ぶ会社を変えなければ大きな損をすることもあり得るわけです。
キャッシングの代表的な業者は消費者金融と言われるところです。テレビや街頭の広告などで存在を知っている人もいるでしょうが、その多くは銀行のグループ業者になっています。一昔前は大体独立系でしたが、近年は資金繰りや信用度の問題で銀行傘下となっています。銀行は銀行でキャッシングについてのノウハウなどを手に入れる目的があったようです。消費者金融は金利こそ高いもののどこも比較的審査は緩くなっていますし、現金を振り込んでもらえるまでの期間も短くなっています。すぐさま現金が手っ取り早く必要だという人にはうってつけと言えます。
対して銀行カードローンは審査内容が厳しい上に審査に要する時間も長いデメリットがあります。その一方で借入時の利息が低くなるのが特徴で、長期にわたって計画的にお金を使っていきたいという計画性のある人にはこちらの方がお勧めできます。
両方内容や特徴をよく理解して比較することが大事ということですね。